サイトメニュー

車を売る時の流れを説明します 車の売却手段を選ぶ それぞれの買取のメリット・デメリット 車の買取相場を知っておく 買取に必要な書類を集めて売却 車を引き渡す 買取金額が振り込まれた事を確認する 車を売るまでにかかる日数は? お勧めの一括査定業者

 

車を売る時の流れを説明します

車を売る時の全体的な流れを説明しようとおもいます。

 

車を少しでも高く売りたいと思った時、先に全体的な流れを把握しておくと、あらかじめ確認する時間が取れるので焦らずに進める事ができます。

 

車の売却手段を選ぶ


車の売却には大きく分けて3つの方法があります。

 

  • 中古車買取業者に売却する
  • ディーラーに下取りをしてもらう
  • 個人へ売却

それぞれのメリットやデメリットをみていきましょう。

それぞれの買取のメリット・デメリット

中古車買取業者へ売却するメリット・デメリット

中古車買取業者への売却は当サイトでもお勧めしているユーカーパックやカーセンサー、カービューなどのサイトを利用して買取を行うことです。

 

下取りなどと比べると査定が高額になりやすいのが特徴で、査定のプロがしっかり車のチェックをしてくれるのでトラブルが少ない方法です。

ディーラーへ下取りするメリット・デメリット

ディーラーへの売却は新車購入の代金の一部としてそのまま利用する事ができるので、その場で新車を検討する際は有効な方法です。

 

しかし、査定はあまり高額にはならない事がデメリットです。ただ、デメリットだけではなく、大きなメリットとしては、そのまま新車を購入したいと考えている際は、購入の手続きと一緒に下取りを行うことが可能なので、手間が省け、納車と同時に車の引き渡しが可能であることです。

 

新車がくるまで今までの車を乗っていることが可能なので、仕事で車移動が多い方などは、下取りの方が不便になることは少ないかもしれないです。

個人へ売却するメリット・デメリット

個人で売却するというのは、業者を介さずにオークションなどに出品して個人から個人に車を売ることを言います。

 

オークションに限らず知人に売ったりする人もいますし、同じオークションでも代行して行ってもらう人もいます。この方法のメリットは古い車であること、希少性が高いことなどに応じて高く売ることができる場合がある事や買ってくれる人によっては高く買取をしてくれる人もいる可能性があることです。

 

個人売却は手軽でリスクが少ない方法ではあるのですが、逆に売却した後にトラブルになってしまう事もあったり、思っていたほど買取価格がつかないなどのデメリットもあります。さらに本来買取をしてくれる業者が用意してくれる書類を自分で用意しないといけないなどのデメリットも存在します。

 

車の買取相場を知っておく

できるだけ高く買取をしてほしいと思うのは車を所持する人なら誰しもが思う事です。自分の車を高く買取をしてもらう為にはまず自分の車の買取が今どれくらいになるのかの相場をしっかり把握しておくことが大事になります。

 

相場を理解しておくと業者との交渉に使えたりして有効に利用する事ができます。

 

では、自分の車の相場を知る為の方法ですが、これはインターネットの一括査定が便利なのでおすすめです。一括査定は一度情報を入力すれば複数店舗の査定相場を知ることができるので参考にする事ができます。

 

ユーカーパックであれば無料査定の申し込み欄があるので、情報を入力すると査定士が車をチェックしてくれますので、今の車の状態での価格を知ることができます。

 

買取に必要な書類を集めて売却


査定に出して、納得がいく価格を最終的に出してもらったら車を売る手続きをしていきます。

 

これが買取店やディーラーであれば必要な書類も名義変更も代行して行ってくれますが、一括査定を利用した場合、自分で書類を用意する必要があります。

 

売却に必要な書類は以下のものです。

  • 自動車検査証
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 自動車傷害賠償責任保険の証明書
  • 自動車税納税証明書
  • リサイクル券

 

自動車検査証(車検証)

自動車検査証は、車を運転する際に持つことが義務づけられている重要な書類です。

 

これは結構気にしないでおいておく人がいるので場所がわからなくなる人が多いものですね。紛失してしまっている場合、運輸支局に再発行のお願いをする事ができますので、焦らずに確実に揃えて下さい。

 

再発行の方法には登録住所と現在の氏名が同じであることを確認し、印鑑登録書の住所との相違がないかを確認しておくことが大事です。

 

ローンの支払いが終わっていないなどの理由で名義が販売会社やローンを支払っている会社になっている事がありますので、それも必ず確認しておきましょう。

実印

普通自動車を売る際に市区町村への印鑑登録書をした実印が必ず必要になります。

 

軽自動車の場合は必要がないと書かれている所もありますが、他の書類に捺印をしないといけない事もあるので、軽自動車であっても用意しておくにこしたことはありません。

印鑑証明書

印鑑証明書というのは、手続きをする印鑑が実印であることを証明するための書類の事で、車の名義を変更する時に必要になります。

 

印鑑証明は基本的に発行から3ヵ月以内のものを用意する必要がありますが、都道府県によっては2通必要になることがあるので、確認をしておきましょう。

 

印鑑証明書は市区町村や窓口、一部のコンビニなどで発行する事もできますので、比較的手軽に発行することができます。印鑑登録証明書の住所が引越しをしたなどの理由で車検証の住所と違っていた場合は、少し複雑になります。

 

その為、引っ越しした場合、車検証の住所は始めに変更を行っておく方が良いと思います。

 

もし住所の変更をしておらず、車検証と印鑑登録書の住所が違っている場合は、住所変更が一度である場合は住民票、複数回ある場合は住民票の除票、結婚をしたなどで改姓した場合は戸籍謄本などがケースにもよりますが必要になります。

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)

自賠責保険の証明書も車の売却には必要になります。

 

これも紛失してしまっている場合は保険会社に問い合わせると再発行の手続きをしてくれますので安心してください。

自動車納税証明書

自動車税の納税証明書の事ですが、これも支払っているかの確認もあるので必要な書類です。

 

これも紛失してしまっている場合、普通車の場合であれば都道府県の税務署で発行ができますし、軽自動車である場合は市区町村での発行が可能です。

リサイクル券

平成17年から自動車リサイクル法が始まった事で、車を廃車する時にかかってくる費用を毎払いにして支払うと受け取ることができるのがリサイクル券というものです。

 

自動車リサイクル料金を預託している際にはこのリサイクル券も必要になってきます。基本的には車検証と一緒に保管している人が多いと思うので、探してみましょう。

 

紛失してしまっていても自動車リサイクルシステムにアクセスして、料金の預託状況をプリントアウトしているもので問題なく手続きは行えます。

 

車を引き渡す


全ての手続きが完了したら売りたい車を引き渡します。車の引き渡しは中古車店へ持ち込んで売る時には原則として当日に引き渡しを行います。

 

その他の場合は、2、3日程度が一般的で長くても1週間程度が基本になります。新車を購入していて、新車が到着するまでは乗りたいという場合は、後日引き渡しを許可してくれる場合もあります。

 

買取契約と引き渡し日がずれる場合は、必ず買取金額を確定させておく方が良いです。

 

中古車査定の相場は常に変動します。買取契約だけ同意した状態にしてしまうと、引き渡し日になってから想定していた価格よりも低い査定価格を出されてしまう事があります。これでは意味がないので、後日に引き渡しをする場合は、買取査定を確定させた上で引き渡し日を決定して、減額査定をされないようにしましょう。

 

もし、車を持ち込むことが困難な状態でアあれば(オイル漏れで動かない場合やバッテリー切れで動かない場合など)、引き渡しの依頼をすればOKです。

 

かかる費用がどれくらいになるのかをあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

 

買取金額が振り込まれた事を確認する


全ての手続きが完了したら買取金額が支払われます。代金は銀行振り込みにすることが一般的にはなりますが、すぐに振り込まれるわけではありません。

 

ほとんどの場合は3営業日〜7営業日の間なので1週間くらいは長くてもかかると考えて良いと思います。しかし、土日などのお休みを挟んでしまう場合は10日程度かかる場合もありますので、こまめに確認しておくことをお勧めします。

即日入金が可能な場合はある?

即日入金を希望する場合は、即日入金対応の中古車買取業者を選べば可能です。

 

即日入金を希望するならば、手続きの問題もあるので、午前中までに買取契約を済ませておく方がいいかと思います。

現金での受け取りは可能?

現金での受け取りは原則として不可能です。中古車買取は大金が動く取引になります。高額な現金を店舗に置くことは防犯上このましくありません。

 

その為、ほとんどの業者は現金を必要最低限しか用意していませんので、店舗での現金の受け取りは応じてもらえません。個人経営の中古車買取の場合は厳禁での買取を実施してくれる場合もありますが、買取査定においては不利になります。

 

不要なトラブルを避ける意味でも振り込み対応にした方が安全で確実です。

 

車を売るまでにかかる日数は?


できるだけ早めに現金に変えたい人はいると思いますので、査定から売却までがどれくらいかかるのかを説明していきます。

 

まず、結論から言えば、書類が全て揃った段階から査定の内容に同意し、車の査定から売却までの手続きであれば早ければ即日行うことが可能です。しかし、必要な書類を全て揃えてから行うので、書類の準備に時間がかかってしまうとそれだけ時間がかかることになるので、売ることを前提とした場合は必要な書類は予め用意してから査定に出すようにするとスムーズで早いです。

 

さらに、車の買取自体が完了しても振込までには業者も手続きが必要なので振込までには時間がかかります。早めに売った現金が必要ならばあらかじめ現金での受け取りは可能かを確認しておくと良いでしょう。

 

お勧めの一括査定業者

ユーカーパック

ユーカーパックは、オークション形式で買取を行うやり方をしているサイトです。

 

オークション形式は買取価格を業者が勝手に上げてくれるので、一番高い買取価格で売ることができるのが魅力です。

 

一括査定の際にデメリットとなる業者からの電話も、ユーカーパックからしかかかってくることはないのでストレスになりません。

カーセンサー

カーセンサーはアフターサービスがしっかりしていて、修理費等が0円です。

 

カーセンサーはオークション形式ではないので、買取業者とのやり取りで査定を進めていくようになります。買取は全国から見積もりの依頼がくるので高額査定をしてくれそうな業者を選んで話を進める事ができます。

 

 

カービュー

カービューは200社以上の査定業者が提携していて、大手買取り業者も多いので査定額は信頼できます。

 

さらに利用者は400万人を超えているので実績も高いです。

 

一括査定でたくさんの業者から見積もりをもらうことができるので、一番高い業者数社に連絡をとって比較しながら買取を進める事ができるのも魅力です。