サイトメニュー

買取契約後に業者から減額されてしまうことがあるのか? 減額されてしまうケースと対処法 減額の請求がされない買取業者を見つける為のコツ お勧めの一括査定業者 まとめ

 

買取契約後に業者から減額されてしまうことがあるのか?

車の買取契約を行った後、業者から契約金額を減額されてしまうことがあるのか?

 

結論から言えば、買取契約後に下に書いたようなケースが発覚をした場合、業者から契約金額の減額を要求されてしまう事はあります。

 

契約後に発覚して減額されてしまうケース

・後から事故車であることが分かった場合
・走行メーターの巻き戻しや何かしらの問題があった場合
・過去に車が水没していた場合
・車に不具合があった場合

車の減額はトラブルになることが多いので、今回対処法を紹介していきます。

 

減額されてしまうケースと対処法

車を売る時、業者との間で買取金額に関して合意し、買取の契約をしたにも関わらず、完了後に減額になってしまうのはどうしてなのか。その大きな理由は、査定時に完璧に査定ができていないからです。

 

単純な見落としや、見抜くことができなかった不具合など、そのケースはいくつか存在しますが、上記で書いたよくあるケースを説明していこうと思います。

 

後から事故車であることが分かった場合

買取り時は事故車ではないと判断され契約をしたが、後から事故車であることがわかり、業者から減額を要求されるケースがあります。このケースは査定を行う際に事故車であることを見抜けなかった業者側のミスでもあるのですが、実は大手買取り業者の契約書には事故車であることは売り手の責任になる、と記載がれ廷るので、契約金額の減額を要求されてしまうのです。

 

売る側からすると納得できない所ではあると思いますが、最近は消費者保護という観点から減額をしてくる業者は減ってきています。中には減額は一切しないと公言している業者もありますので、減額されるか不安である場合は、減額をされない業者を選ぶと良いと思います。

減額されない対処法・契約時に一筆加えてもらう

契約時に瑕疵担保条項というものがあり、これは、売り手側が不利になるような条項に関しては削除してもらうようにする方法です。これをする事で事故車であることが分かったとしても減額を要求されるような事はありません。

 

これの具体的な方法は、契約書に「瑕疵担保条項の削除」であったり「契約した金額の変更は一切行わない」等の記載を行ってもらうやり方です。

減額されない対処法・クレームガードという保険に入っておく

大手の買取業者が提供するクレームガードという保険に加入しておくと、減額されてしまう可能背を無くすことができます。加入費用等は1万円程度から多くても2万円程度なのでそこまで高くありません。

 

この保険の内容は、業者によって変わってきますので、契約する時に必ず確認するようにしてください。

走行メーターの巻き戻しや何かしらの問題があった場合

走行メーターが巻き戻しされていたというのは、車の価格を良く見せる為に走行距離のメーターを実際の距離よりも少なく表示させておくことを言います。

 

これはある種の詐欺行為になるのですが、故意ではなくても中古車を購入し、売った時にメーターの巻き戻しがあったという事も実際に結構あります。

 

メーターを巻き戻しがされている車は走行不明車と呼ばれていて、この場合は実際の走行距離はわからないので買取金額が著しく下がってしまいます。メーターを巻き戻していなかったとしても交換を行った際、前の走行距離が記録として残っていなかった場合も走行不明車になるので、これもメータの巻き戻しがされた扱いになってしまいます。

 

走行距離が不明とされてしまうと、車種や状態にも多少よりますが、買取価格は半額以下にまで下がってしまう事が多いのです。その為、買取契約を行った後に走行不明である事が発覚してしまうと、買取価格を減額される又は、車の返品を要求されてしまいますが、それを回避する方法もあるのです。

査定の際に走行メーターをしっかりと確認してもらう

日本オートークション協議会という所が運営をしている「走行メーター管理個別検索システム」というシステムを使い、過去にメーターの巻き戻しや交換したのちに記録がされているのかどうかを確認する事ができます。このシステムは過去にオークションに出品された履歴をもとに、走行距離の推移を調べてもらうものです。

 

大手の買取業者であればこのシステムを利用して走行メーターに不正がないかどうかをしっかりと調査を行っています。このシステムはWEB画面で行い、数分で完了します。査定時に必ず依頼をして前もって調べてもらい、買取後に発覚する事を防いでおくとトラブルを防止する事ができます。

過去に車が水没していた場合

水没履歴がある車は水害車である又は、冠水車であると判断され、車の評価が大きく下がります。水害車である場合、買取契約を交わした後に発覚すると、減額されてしまうか又は、返品を要求されてしまうことがあります。

 

これはオークションへの出品履歴から判明する場合もあります。

 

中古車販売店から購入した車が過去に水害車であったという可能性もあるので、購入の際は販売店にかからず確認するようにしましょう。

 

業者にもよるのですが、返金であったり再買取の対応を行ってくれる場合もあります。ただし、ネットオークションで購入した場合はクレームを受けてくれない場合があります。

車に不具合があった場合

車を買取してもらった後、何かしらの不具合が発覚し、減額を業者側から要求されることがあります。ここでいう不具合というのは、走行性能に関わってくるようなレベルのものであり、査定時に確認できるエアコン、ライト等の不具合ではないので、そういった細かい部分での不具合の場合は減額されることはあまりありません。

 

エンジンが不調である場合や足回りがおかしく、真っすぐに走行してくれない等の比較的大きな不具合のレベルが減額の対象にされます。しかし、こういったケースは比較的稀で、こういった不具合が起こってしまうケースの場合は、査定に出す前の段階から何かしらの前触れがあるものです。

 

こういったトラブルになるものを防ぐためには車に不具合がある場合、前もって業者に忠告を入れておくと良いでしょう。

 

減額の請求がされない買取業者を見つける為のコツ

減額請求をされないようにするためにはいくつかのコツが存在します。それらのコツを覚えておくと安心して買取を進める事ができるので、是非確認しておきましょう。

 

JADRIに加入している買取店を見つけること

JADRIというのは「一般社団法人 日本自動車流通研究所」という名称の略です。

 

JADRIは中古車市場全体の質の向上を目指す意味で存在し、有益な情報をユーザー、事業者に提供する事を目的として設立された団体の事です。JADRIに加盟できるのは指定された一定の条件をクリアした優良な業者のみになります。

 

これに加盟している店舗であれば消費者を意図的に損させるような事はしませんし、できません。

 

クリア条件の中には設立5年以上の法人であること、過去5年以内にメーターの巻き戻しなどの不正の摘発、各媒体の出稿停止などがされていない、などの条件を含めた6つの規定をクリアしていないといけないので、加入している業者は安心して依頼を行っても良いと言えます。

簡単車査定を行うのが便利

加入していても車買取を行ってもらう為にはいくつかの方法があるのですが、中でもお勧めなのは簡単車買取等の車一括査定サービスを利用して買取を行う事です。

 

お勧めの一括査定業者


JADRIに加盟しているかどうかを含めて、後から減額されない業者を選ぶならカーセンサーで買取依頼をするのがお勧めです。

 

カーセンサーであれば査定の依頼の際に、車の情報と郵便番号のみで査定依頼を出すことができるのですが、JADRIに加盟しているかを確認するのにチェックを入れる項目があるので、ここにチェックを入れておくとJADRI加盟店のみからしか受けないように設定できます。

カーセンサー

全国で500店舗以上の買取業者と提携しているので、大手の買取業者はもちろんのこと、比較的小規模な中古車買取店や輸入車に特化している買取業者もあったりするので、幅広い車に対応する事ができます。

 

そして、その中から住んでいる地域に近い業者を最大で30社から査定してもらう事ができるのです。

 

まとめ


減額をされてしまうのが面倒である、そんな手間はかけたくない、という人はカーセンサー等の一括査定を依頼して、JADRIに加盟している業者を選択するのは一つの手ですし、減額は一切しないと公言している業者を選んで買取を行ってもらうのも手です。

 

しかし、自分で見つけるのはとても大変なので、見つける手間を考えたら一括査定を利用するのが一番簡単でスピーディーだと思います。