サイトメニュー

買取価格に走行距離が影響する理由 走行距離が査定に影響する目安はどこなのか 過走行車を売ることはできるのか? お勧めの一括査定業者 まとめ

 

買取価格に走行距離が影響する理由

車の査定で特に価格に影響するのが走行距離です。

 

では、なぜそこまで重要視されているのかというと、その理由は車の寿命の目安になる為です。車を売るとなった時、必ず走行距離はチェックされる部分になります。走行距離が長ければ長いだけ様々な箇所に痛みがあることになるので、査定額は大きく下がってしまうのです。

 

そして、それだけではなく、売った車を他の誰かが購入する場合、走行距離が少ない車の方が売れやすいのです。しかし、だからといって走行距離だけで買取価格が決まるわけではありません。

 

年式、外装の状態やグレードなどの色んなチェック項目があり、それらを総合して買取価格が決まるのです。

 

走行距離が査定に影響する目安はどこなのか

走行距離が査定に影響する目安はどこになるのか、それを詳しく解説します。

走行距離は長くて短くてもダメ

走行距離は平均的な距離であることが査定においては有利になります。

 

車の走行距離が査定額にプラスになるのが長すぎず、短すぎない平均的な距離であることです。

 

もちろんぴったりにすることは難しく、ほとんど無理なのですが、覚えておくと役に立ちます。

 

車の平均的な走行距離は年式×8,000キロとされています。

 

例えば、5年落ちの車であれば4万キロが平均的な走行距離になりますし、10年落ちの車であれば8万キロが平均的な走行距離と計算できます。
適正距離の範囲であれば査定額が大きく影響する事はありません。

1万キロが基準となり、査定額が分かれていく

走行距離が少ない車はどの程度の距離が目安になるのかというと、日本自動車査定協会が定めているのは年間で約1万キロとなっています。

 

この走行距離を基準として1万キロよりも少なければ査定額がアップしますし、それを越えているとどんどん査定額は下がっていきます。

5万キロを超える場合は多走行車と言われ、10万キロを超える場合は過走行車と言われる

一般的には走行距離が5万キロを超えるような車を多走行車と呼ばれていて、10万キロを超える場合は過走行車と呼ばれています。これらの車は査定額が下がってしまい、低く見積もりを出されることになります。

 

昔の車は走行距離が10万キロを超えるとあらゆる個所に故障が見られていましたが、最近の車は性能が良い為、過走行車といわれる車であっても故障が見られないような場合も増えてきています。

 

過走行車を売ることはできるのか?

車を売りたいと思っても走行距離が長く伸びてしまった過走行車は買い取ってもらう事はできないのか、と思うかもしれません。

 

しかし、最近は過走行車であっても買取してくれる業者も多数ありますので、査定を受けてみる価値は十分にあります。日本の車は海外の車に比べて性能が良いので、故障が少ないという理由から海外でも人気が高いのです。

 

その他、車を分解して使用可能なパーツを再利用する事もあり、過走行車であっても業者によっては買取をしたい場合もあるのです。過走行車の場合はディーラーの下取りではほとんど値段が付かないので、一括査定を利用する事をお勧めします。

 

また、過走行車を売るなら日ごろからしっかりとしたメンテナンスが必要になります。エンジン部部品であるタイミングベルトは7万キロ、8万キロあたりの走行距離を越えてきたら、一度交換を検討した方が良いでしょう。

タイミングベルトとは?

タイミングベルトというのは、エンジン内部にガソリンを送りこむ働きと点火された後の排気ガスをマフラーと呼ばれる部分に丁度いいタイミングに調整するために付けられているものです。

 

つまりは吸気と排気のタイミングをコントロールするために付けられている部品なのです。これらのタイミングがズレてしまうと、不完全燃焼を起こしてしまったり、エンジンが停止してしまう事もあります。

 

タイミングベルトに故障が起きると事故につながってしまう事がありますので、適切なタイミングで交換をしてあげる必要があるのです。7万キロ。8万キロと先ほど書きましたが、交換をしないといけない最終ラインは10万キロです。

 

ここを超えたら必ず交換をする必要があるのです。

 

お勧めの一括査定業者

カーセンサー

カーセンサーは、500店舗以上の買取業者と提携していて、大手だけではなく小規模の業者も登録しているので、取扱できる車の数がとにかく多いのが特徴です。

 

さらに、相場検索等もできるので、今の自分の車がどれくらいで売れるのかなども見る事ができます。

カーセンサーの大きな特徴

カーセンサーの特徴は、オークション形式ではないのに、しつこい電話連絡を受けない設定にできることです。一般的な一括査定業者や買取業者は、自分の所で売ってほしい為に売り手に電話をかけてアピールをしてきます。

 

しかし、これを嫌がる人もたくさんいるので、カーセンサーでは、これをメールでのやり取りにすることで、電話での連絡を避ける事ができます。もしメール設定にしなかったとしても、カーセンサーにしかない機能として、電話の時間を細かく指示する事ができるので、都合が悪い時間帯や電車に乗っている時などに電話が鳴りやない、といった状況を回避する事もできます。

 

さらに実際に買取時にピックアップしてくれる業者は通常10社程度であるのにも関わらず、カーセンサーは30社までピックアップしてくれますので比較できる対象を増やすことができるのです。

 

まとめ


走行距離は、車の寿命の目安になるので、5万キロになる前に一度買い替えを検討されても良いかもしれないです。多走行車や過走行車になると査定額はかなり落ちてしまうので、メンテナンスが行き届いていても思ったような査定額にならない事があります。

 

そして、メンテナンスの際は必ずタイミングベルトのチェックをしておきましょう。タイミングベルトは切れる事を前提してして設置されているものなのでどのタイミングで切れてしまうかわかりません。切れたまま走行していると、最悪車から出火してしまう事があり、かなり危険です。

 

適度にチェックをし、切れそうだったり、劣化が進んでいたら迷わず交換しておくことをお勧めします。