サイトメニュー

所有者名義が違うと売れない? 名義が違うケースはどういうものがあるのか? 名義がローン会社又は。購入先のディーラーになっているケースの場合 名義が親や友人になっているケースの場合 名義人がすでに亡くなっているケースの場合 お勧めの車買取サービス まとめ

 

所有者名義が違うと売れない?

車を売る時、所有者名義が本人ではないケースがあります。例えば、友達から譲ってもらった車の所有者名義を変更せずに乗っていて、新車にするのに売却しようとする時や親の車を代わりに売ることになった等。

 

こういった場合に、所有者名義の違う車を売ることはでるのかですが、これは最初に結論から言えば名義が違う車は勝手に売ることができません。

 

では、どうすればいいのかというと、車の名義を変更し、自分にしてしまえば問題なく売ることができます。

 

しかし、そのまま名義が違う車を売る場合、それ用に必要な書類が増えてしまったり、手続きが少し面倒になってしまったりします。

 

所有者名義の違う車を売るのに必要な事は何かを詳しく解説します。

 

名義が違うケースはどういうものがあるのか?

車の所有者名義が違うケースはいくつかありますが、基本的には以下のものが多いと思います。

・名義がローン会社である又は、購入先のディーラーになっているケース
・名義が親や友人になっているケース
・名義者がすでに亡くなっているケース

ディーラーでローンを組んで車を購入した場合は、そのほとんどが車の所有者はローンを組んでいる会社又はディーラーになっています。
これはローンが完済していたとしても、所有者権の解除手続きをしていない場合は車の名義は普段使用している購入者ではなく、ローン会社かディーラーのままになります。

 

また、車を親から譲ってもらったり、友人から売ってもらったりしている場合、名義が変更されていない場合があります。

 

親の場合は名義の変更許可をもらうのがまだ楽ですが、友人の場合は、連絡がつかなかったりすると名義の変更は難しくなってしまうので、比較的面倒になります。

 

そして、車の所有者がすでに亡くなってしまっていて、所有者の親や子供が車の売却手続きをする場合もあります。

 

この場合はすでに所有者が亡くなっているという状況な為、変更しようにも本人の許可が得られない状況です。

 

車を売る時はそれぞれで対応が変わってくるので、車検証に書かれている名義が誰になっているのかを必ず確認しておく必要があります。

 

名義がローン会社である又は、購入先のディーラーになっているケースの場合

名義がローンを組んでいる会社又はディーラーである場合は、所有者を自分に変更する必要があります。所有者を自分に変更するための手続きの事を所有者権解除といいます。

 

この所有者権解除の際に必要な手続きや必要書類はローン会社によって異なってくるので、まずどうすればいいのかを確認しておくようにしましょう。
所有者権解除に必要な書類は以下のものになります。

ローン会社が用意する書類

・譲渡証明書
・委任状
・印鑑証明書
※これはローン会社のものが必要

自分が用意する書類

・自動車検査証
※いわゆる車検証のこと
・委任状
※自分で手続きを行う際は不要になります
・印鑑登録証明書
※これは自分のものを用意
・車庫証明書
※車検所の使用者住所と今の住所が違っている場合は必要です

譲渡証明書と委任状にはそれぞれの実印を押す必要があります。

 

手続きを自分で行う場合はローン会社から必要な書類を送付してもらう事になります。そして書類を受け取ったら自分で用意する書類と合わせて陸運局に持っていき、手続きをしてもらう事になります。

 

ローン会社の方に手続きを依頼する場合は、必要書類がローン会社から送られてくるため、それに記入した上で自分が用意するべき書類と合わせて返送する事で手続きを行ってもらう事ができます。

 

これらの所有権解除が完了すれば車の所有権は使用者本人に変更になるので、車を売ることができるようになります。そして売却時に必要になる書類は以下のものになります。

売却時に必要な書類

・自動車検査証
※車検症
・自動車納税証明書
・印鑑登録証明書
・リサイクル券

ただし、これらはローンを完済していることが前提になるので、ローンがまだ完済していない場合は、完済させる必要があります。買取店によってはローンの完済サービスを用意してくれる場合もありますので、調べてみると良いでしょう。

 

ローン完済サービスというのは、買取店が買取金額からローンの残高を一括で返済してくれるサービスの事をいいます。

 

名義が親や友人になっているケースの場合

車の所有者が親族や友人になっている場合も基本的には名義を自分に変更する必要があります。

 

この際に必要な書類は以下のものになります。

 

親族又は、友人が用意しなければいけない書類

・譲渡証明書
・委任状
・印鑑登録証明書

自分で用意する必要がある書類

・自動車検査証
・委任状
※こちらは自分で手続きをする場合は不要になります
・印鑑登録証明書
・車庫証明書

自分で名義の変更を行い場合は先ほどのローン会社の時と同じように陸運局に書類を持っていき手続きを行う事になります。この時、売る場所がすでに決まっている場合は、手続きを買取してもらう業者に依頼する事も可能になります。この時は、上記の書類と買取時に必要になる書類を合わせて持っていくようにしましょう。

 

手続きを依頼す際は手数料がかかってきてしまいますが、車の買取価格から差し引かれた分が精算されることがほとんどになります。

 

名義者がすでに亡くなっているケース

このケースが一番手続きとしては複雑になります。

 

まず始めに、亡くなった方の所有権を亡くなった方の親族に移す必要があるのです。例を出すと、所有権が父親であった車が、父親が亡くなってしまった場合、その所有権は母親又は、その子供の名義にしなければいけなくなります。

 

そしてそれが完了してから初めて売ることができるようになるのです。

 

この時の名儀変更は遺産相続とみなされるので必要な書類は変わってきます。

亡くなった方の車の名義を変更するのに必要な書類

・除籍謄本
※亡くなっていることを確認する為
・戸籍謄本
※相続人であることを確認する為
・相続人全員の印鑑登録証明書
・遺産分割協議書
※相続人全員の実印、署名が必ず必要
・自動車検査証
・車庫証明書
※亡くなった方と住所が同じであれば不要

ここでいう所の相続人とは、亡くなった方の子、孫、父母、祖父母、兄弟姉妹までの事を言います。

 

上記の書類を陸運局へ持っていく事で亡くなった方から相続人への名義を変更する事が可能になります。この手続きを完了させることで車を売ることができるようになります。この際は、必ず買取時に必要になる書類も合わせて必要になります。

 

この時、買取店や行政書士事務所などへ変更手続きをお願いする場合は、譲渡証明書と委任状に相続人全員の実印を押す必要がありますので注意が必要です。

 

お勧めの車買取サービス

カーセンサー

カーセンサーは、500店舗以上の買取業者と提携していています。その為、価格に関しても売り手が損しないようにしっかり配慮してくれる業者も登録しているので、もし買取金額に不安があるのなら一度おおよその値段を調べてみると良いと思います。

 

様々な車に対応できるのも大きな特徴です。

 

まとめ


名義の違う車を売る時はまず名義を自分に変更しておく必要があるのです。使用している車の名義が自分ではないケースは色んなものがあると思います。こういった車の売却には必ず自分に名義を変更しておく必要があるのです。

 

名義を変更しておくことで問題なく車を売ることが可能になります。

 

しかし、状況によっては必要な書類などに違いがあるので、どのケースに当てはまるのかを確認し、その上で必要な書類を用意して手続きを進めましょう。